So-net無料ブログ作成
検索選択

舟木一夫特別公演 花の風来坊 千秋楽 [舟木一夫さんのこと]

2015.2.20 (金) 大阪 曇 

 コミカルなお芝居だったので 千秋楽のお遊びも 話しの筋が崩れることもなく 
出演者の皆さんも楽しまれているようでした。

2015.2.20 花の風来坊.jpg  2015.2.20 花の風来坊 (1).jpg

『第二部』
 オープニング
  ♪ 落日のあとで

  ♪ みんな旅人
  ♪ 川は流れる
  ♪ 麦笛

  ♪ さんざしの花咲けば
  ♪ 月がとっても青いから

  ♪ 影を慕いて 藤山一郎
  ♪ 悲しい酒 美空ひばり

  ♪ Love Letters

  ♪ 淋しい町
  ♪ 青春はぼくらのもの
  ♪ 北風のビギン

  ♪ 親不孝通り<スタンディング>
出演者全員でサインボール投げ
期待していましたが、今回も飛んで来なくてガッカリでした(笑)。

  ♪ 逢う瀬
  ♪ 女ひとり   デューク・エイセス
  ♪ 踊子     三浦洸一

  ♪ 夢ん中    小林旭
  ♪ 恋ひとすじ  森進一
  ♪ 流れの雲に  フランク永井 天地茂

 アンコール
  ♪ 青春の大阪

 千秋楽の選曲、とても良かったです。

 オープニングの『落日のあとで』イントロをお聴きして直ぐにわかりました。
この曲は、まだ明石海峡大橋が架かっていない時に出された新曲で 
コンサートを見ての帰り、今は亡き舟友さんと 海に沈む太陽を 
高速船から眺めた日のことが蘇り、(ノд-。)ウルウルしました。

 舟木さんが唄われる『川は流れる』大好きです。
『月がとっても青いからも』とても良かったです。

『麦笛』は、レコードで聴くより、今の唄い方の方が 自然で断然良いです。
心地よく聴かせて頂きました。

 林与一さんは、プレスリーが大好き。
ビートルズではなくて、プレスリーなんだそうです。私と同じでとっても嬉しくなりました。
それで、与一さんのリクエストで『Love Letters 』を入れて下さったそうです。

 『淋しい町』をしみじみと聴き、軽快な『青春は僕らのもの』で 手拍子を打ち、
『北風のビギン』では、映画『花の恋人たち』のラストシーンを思い浮かべながらお聴きしました。

『逢う瀬』も大好きな曲です。

 ラストの3曲『夢ん中』『恋ひとすじ』『流れの雲に』は 厚巻きでした。

そして、オリジナル曲の『青春の大阪』で締めくくられました。

 全曲、変えられて 20曲の大サービス。
お疲れでしたでしょうに、ありがとうございました。ゆっくりお休み下さい。

****************************************************************************************************
 お芝居の後、橋蔵さんファンの方と、楽屋口からエレベーターに乗り、丹羽貞仁さんを訪ねました。
エレベーター前で 待ってくれていた貞仁さん、小顔で、とてもハンサムでした。

 ねずみ小僧とお聞きして カッコイイねずみ小僧を想像していましたが、
ねずみ小僧志願のちょっと情け無い役でした。
でも、今回、長谷川きよさんと、ラブラブのご夫婦役で良かったですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る