So-net無料ブログ作成

淡路島ゆかりの映画 『くたばれ愚連隊』 上映会 [和田浩治さんのこと]

2019.1.6 (日) 兵庫県洲本市 晴

 夜、布団に入って 1時に談話室を覗いたら、洲本市で 『くたばれ愚連隊』 の上映会があります。
とのお知らせが・・・。

 今日から仕事に行く予定でしたから、少し、早く起きて 「仕事を止めて、出かけられるか。」
聞いてみました。

 「予定外やな。」と、言いながらも 「13時半なら、早すぎる。淡路島で 食事を食べてから観るか。」 と、
出掛けることになりました。

 ゆっくり、家を出たのに、10時過ぎに着いてしまったので、映画館を確認するつもりで前を通り
10時半の回を観ることになりました。

2019.1.6 洲本オリオン3.JPG

2019.1.6 洲本オリオン2.JPG

 そんな訳で、立見になってしまいました。
99席の小さな映画館でしたが、トイレがとても綺麗でした。トイレが綺麗なのは良いですね。
20名ぐらいの方が立たれていました。

2019.1.6 洲本オリオン1.JPG

  兵庫県成立150周年の企画とのことで、原作者である原健三郎さんのお孫さんの挨拶から始まりました。

 淡路島の旧家、松平家の忘れ形見の証しである 淡路島の形をした背中のアザや、
松平家の顧問弁護士である 高品格さんに笑いが起きました。
またおばばさん(細川ちかこさん)とのやり取りが、良いですね。笑ったり、泣いたり。

 自転車や、ジープで 疾走するシーンなど。
16歳の はつらつとしたヒデ坊の姿を 大きなスクリーンで観ることができて 胸が熱くなりました。

 お呼び下さいました。実行委員会の方に、感謝です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。