So-net無料ブログ作成
ロケ地を訪ねて(和田浩治編) ブログトップ
前の10件 | -

くたばれ愚連隊 ロケ地比較写真 [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

 くたばれ愚連隊、1963年11月封切りのロケ地、比較写真。

くたばれ1.JPG

 五色浜

くたばれ3.JPG

 吹上浜

くたばれ8.JPG

 福良

くたばれ5.JPG

くたばれ6.JPG

くたばれ7.JPG

 白土山 大池の傍

くたばれ2.JPG

 洲本

nice!(0)  コメント(0) 

日比谷公園Ⅱ 東京は恋する・二人の銀座 [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2017.12.2  (土) 晴

2017.12.2 日比谷公園8.JPG

 日比谷花壇 傍 日活映画 『東京は恋する』 より

2017.12.2 日比谷公園9.JPG

 日比谷花壇 傍 日活映画 『東京は恋する』 より
上の写真
 ペンキを塗る、舟木一夫さんと、堺正章さん、下で見ている葉山良二さん、白いワンピースの伊藤るり子さん

2017.12.2 日比谷公園10.JPG

 日比谷花壇 傍 日活映画 『二人の銀座』 より
上の写真
 和泉雅子さんが、電話ボックスに譜面を置き忘れたままタクシーで走り去る場面

nice!(0)  コメント(0) 

夕陽の丘 [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

 5月19日に回った 『夕陽の丘』 のロケ地、比較写真。
石原裕次郎さん、浅丘ルリ子さん主演 和田浩治さんも 出演されています。

2017.5.19 ロケ地 1.JPG

青函フェリーから望む函館山

2017.5.19 ロケ地 2.JPG

函館の赤レンガ倉庫(七財橋)から望む函館山

2017.5.19 ロケ地 3.JPG

函館の赤レンガ倉庫(七財橋)から望む函館湾

2017.5.19 ロケ地 4.JPG

函館の赤レンガ倉庫(七財橋)にある運河

2017.5.19 ロケ地 5.JPG

函館、豊川埠頭岸壁

2017.5.19 ロケ地 6.JPG

函館山から望む景色

2017.5.19 ロケ地 7.JPG

七重浜から望む函館山

2017.5.19 ロケ地 8.JPG

七重浜から望む松前半島


nice!(0)  コメント(0) 

有難や節 あゝ有難や有難や [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

 5月7日に回った 『有難やあゝ有難や有難や』 のロケ地比較写真

2017.5.7 ロケ地2.JPG

豊川稲荷の灯籠

2017.5.7 ロケ地1.JPG

豊川稲荷の千本のぼり

2017.5.7 ロケ地3.JPG

西浦温泉と、パールビーチ


nice!(0)  コメント(0) 

四日目 日活映画 『1960年 疾風小僧』 のロケ地めぐりⅡ [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2014.8.1 (金)晴れ時々曇

 旭岳のロープウェイを降りて 途中にある勇駒荘に寄ってみました。
今も営業中ですが、建て替えられているようです。

2014.8.1 勇駒壮 (3).jpg

2014.8.1 勇駒壮 (4).jpg

■ 勇駒荘  (日活映画 疾風小僧より)

2014.8.1 勇駒壮 (1).JPG

2014.8.1 勇駒壮.JPG

■ 勇駒荘

2014.8.1 勇駒壮 (2).JPG

■ エゾニュウ

2014.8.1  天人峡 (1).jpg

■ 天人峡  (日活映画 疾風小僧より)

2014.8.1  天人峡.JPG

■ 天人峡
 天人峡を横に見ながら天人閣へ。

2014.8.1 天人閣 (2).jpg

2014.8.1 天人閣 (1).jpg

■ 天人閣と橋

2014.8.1 天人閣.JPG

■ 天人閣と橋
 天人閣の方にお尋ねしましたが、当時のものは何も残っていないそうです。
また羽衣の滝も 昨年、起きた土砂崩れの為に通行止めになっています。

2014.8.1 天人閣 (3).jpg

■ 羽衣の滝  (日活映画 疾風小僧より)

 続いて
2014.8.1 高砂酒造 (5).jpg

2014.8.1 高砂酒造 (6).jpg

■ 高砂酒造  (日活映画 疾風小僧より)
 映画の中に何度も登場した高砂酒造さん

2014.8.1 高砂酒造 (3).JPG

2014.8.1 高砂酒造 (4).JPG

■ 駐車場

2014.8.1 高砂酒造 (1).JPG

2014.8.1 高砂酒造 (2).JPG

■ お店

2014.8.1 高砂酒造.JPG

■ 和田浩治さんと旭高砂  お店の宝物だそうです。
 映画の衣装のまま旭高砂を抱く和田浩治さん16歳。
勇駒荘  
北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
0166-97-2101

天人閣  
北海道上川郡東川町天人峡温泉
0166-97-2111

高砂酒蔵 
北海道旭川市宮下通17丁目
0166-22-7480

二日目 日活映画 『1960年 疾風小僧』 のロケ地めぐりⅠ [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2014.7.30 (水)晴

 教えて頂いた嵐山公園内の弓成山展望台に上がると、眼下に映画と同じ景色が見えましたが
もやがかかって 旭岳やトモラウス山は見えませんでした。

2014.7.30 嵐山公園2.jpg
 
■ 映画のシーン (嵐山公園 弓成山展望台の大坂志郎さんと、和田浩治さん)

2014.7.30 嵐山公園.JPG

■ 嵐山公園   弓成山展望台からの眺め
 京都市の嵐山に似ていることからつけられた名前だそうです。

 続いて、道の駅ひがしかわ『道草館』で 東川駅跡をお聞きして行ってみました。
ホームと線路があった位置が解らなくて 付近のお家をあたってみましたが
古くからお住まいの方が いらっしゃらなくて 
 「お隣のお婆ちゃんが、昔、ここで 映画の撮影があったと言っていましたが、昨年亡くなりました。残念でしたね。」
とのこと。

 駅跡の碑の傍を歩いていた主人が、JAの倉庫の下にホームを発見。
その後、新聞配達をされていた方から お話を伺うことができました。
「ホームの上にJAの倉庫が建った。」
「左側の倉庫は昔からあったもので、列車の後ろ、バスの後ろに映っている建物に間違い無い。」とのことでした。

東川駅跡.JPG

■ 東川駅跡

東川駅跡 (1).JPG

■ 東川駅のホーム跡

東川駅跡 (2).jpg

東川駅跡 (4).jpg

■ 映画のシーン (東川駅の内田良平さんと、和田浩治さん)

2014.7.30 東川駅.JPG

■ 東川駅前
 5時30分旭川駅傍のホテルにチェックインして
 それから駅前の平和通りまで歩いて マルカツデパートの傍にあった壷屋総本店跡に出かけました。

壷屋1.JPG
     平和通りと、二条本通りの交差点
壷屋2.JPG
 
■ 壷屋総本店があった場所
 お向かいの小林印章店さんのご主人にお話を伺って『山の猿』が、壷屋総本店跡に間違い無いことを確認。
周りの建物は変わりましたが、こちらは、当時のままのようです。

2014.7.30 釜飯.JPG

■ 釜飯 1,360円
 甘味・釜めし風花
 西武百貨店B館10F 旭川市宮下通8

明日に備えて 西武百貨店の駐車場をお聞きして、本日の予定、終了。

嵐山公園  ‎
北海道上川郡鷹栖町9線 ‎
0166-52-1934

旭川駅前商店街 元壷屋付近 
〒070-0032 北海道旭川市2条通7丁目
マルカツデパート0166-22-8151

東川駅跡 
北海道上川郡東川町東町1-1-15
道の駅ひがしかわ「道草館」 0166-68-4777

一日目 横浜 [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2014.7.29 (火)晴

 ダイスの眼さんに教えて頂いて、頑張ったつもりですが
今回、納得がいく写真は撮れませんでした。

 とりあえず
biru1B.JPG

biru2B.JPG
     同じ階段が、中にあるのですが、写真では暗くて見えません。
biru3B.JPG

■ 郵船ビル

マリンタワー2.JPG

マリンタワー.JPG

■ マリンタワーの展望台
 窓もエレベーターも変わってしまったのですね。

日活映画 『1960年 英雄候補生』 のロケ地 鉱山跡(高知) [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2011.10.18(火)高知 晴  

 絶対に探し当てられないと思っていたロケ地。

 高知の鉱山や、鉱山跡をネットで調べたり、Google地図で カーブした道路と広い川沿いに民家のある鉱山跡を探したり・・・・。

 結果、四万十川沿いにある鉱山跡では無いかと言う話になって 四万十川に行く途中、以前、お会いした高知の方が「ロケを見に行った事がある」と、話されていたことを思い出し、ダメ元で お電話をかけた所「ロケ地の鉱山なら南国市にありますよ。」と、言われたので 足摺からの帰り道に、お店に寄って地図を書いて頂きました。

 「石灰は掘り尽くされて、廃坑になっている」とお聞きした通り 池になっていました。
従業員の方にも 写真を見て頂きましたが 映画に写っている風景はどこにも残っていないそうです。

 ただ間違い無くここでロケが行われたことが 向かいの山からわかりましたので 来てほんとに良かったと思いました。

2011.10.18  kouzan.JPG

■ 鉱山跡(現在)

2011.10.18 kouzan1A.JPG

■ 1960年10月8日封切の日活映画『英雄候補生』より

2011.10.18 kouzan1B.jpg

■ 向かいの山
高知県南国市稲生 

日活映画 『1960年 英雄候補生』 のロケ地 白山洞門(高知) [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2011.10.18 (火) 高知 晴 

 夜10時までに ホテルに申し込んで置くと、白山洞門まで 40分間の早朝ウォーキングとして ガイドさんが案内して下さることになっていましたが、6時前に 二人で出かけました。
 他のホテルからも 歩いて出かける人がいて『お仲間さんかな?』と、思ったのですが 皆さん、足摺岬からの日の出を見る為だったようです。

 看板の案内どおりに歩いて 急な石段を海岸まで降りた所に映画と同じ洞門がありました。
満ち潮で 写真を撮っている間に 見えていた岩が消えていきましたが、映画のシーンと同じ写真が撮れました。

 50年前(松鶴竜太)和田浩治さん、(吉田京子)清水まゆみさん、(イダテンの源)藤村有弘さん、(松舞かね)轟夕起子さんが ここに腰を下ろして お弁当を食べていたんですよね。

2011.10.18  doumonC.JPG

■ 1960年10月8日封切の日活映画『英雄候補生』より
 左から 藤村有弘さん、清水まゆみさん、轟夕起子さん、和田浩治さん

2011.10.18  doumonD.jpg

2011.10.18  doumonA.JPG

■ 現在の白山洞門

 洞門の大きさは高さ16m、幅17m。波の浸蝕でできた典型的な海蝕洞門。
足摺岬は海蝕による洞窟、洞門に恵まれており、この白山洞門は 花崗岩の洞門のなかでは、日本一の規模を誇ります。と、ありました。

 高知県指定文化財 (昭和28年1月16日指定)天然記念物
 所在地 高知県土佐清水市足摺岬白山神社

日活映画 『1960年 英雄候補生』 のロケ地 土佐清水港(高知) [ロケ地を訪ねて(和田浩治編)]

2011.10.17(月)高知 晴  

 こちらもHPの掲示板で 教えて頂いた場所です。
私がアップした3枚の静止画像(下)を元に Google地図で 室戸岬から 西へ西へと海岸線をくまなくチェックして下さったらしく

2011.10.17 simizukouD.JPG

2011.10.17  simizukouA.JPG

2011.10.17 simizukouC.JPG

■ 1960年10月8日 封切の日活映画『英雄候補生』より

 手掛かりは・・    まゆみさんUPの

★上の写真から・・    道路の左側はすぐ近くまで山が迫っている。

★真ん中の写真から・・ 歩いているのは河岸道路ではなく海岸道路である。
               こちら側と対岸との間から外洋が見通せる。
               道路はゆるやかなカーブである。

★下の写真から・・    対岸にはかなりの数の民家が見え右のほうには
               白い漁船が何隻も係留されている。
               対岸は島なのか陸から突き出た半島なのか写真からは不明。

 以上を踏まえ 高知県の海岸線を東の室戸岬から 西の足摺岬、さらには県境を越え愛媛県西部まで辿ってみました(笑)。

 その結果室戸から 高知市までは平たい海岸線で 候補地ナシ。
高知から西のほうは リアス式海岸で 候補地がありそうですが 条件に合う海岸線は ただ一つしかなかったです。

と言うことで教えられたのが 土佐清水港でした。

 しかし、ドジな私は 清水港の岸壁に立って 景色を眺め。
ここに間違い ないのですが、バスが走っていた山も無いし、右の山の形が映画とは合わなくて、どうもスッキリしないのです。

 それでも 写真は撮らないといけないので 何枚も撮って、最後の目的地 足摺に向かいましたが、走り出して直ぐに「ここでも1枚撮っておこう。」と、撮った1枚の写真が なんとピッタリだったのです。

 まさか、海に突き出た狭い岸壁??で撮影されたなんて・・・。
そのまま真っ直ぐ歩けば海ですよ(笑)。

2011.10.17  simizukouB.jpg

■ 現在の土佐清水港

2011.10.17 simizukou1.jpg

■ 土佐清水港の航空写真
 バスが見えていた道路(青く引いた27号線)
 3人が歩いた道(赤い線)
 オレンジの線は、最初に写真を撮った位置。
前の10件 | - ロケ地を訪ねて(和田浩治編) ブログトップ