So-net無料ブログ作成
ミュージック・さえら ブログトップ

RNC西日本放送 『ミュージック・さえら 日活映画特集』 [ミュージック・さえら]

2011.5.27 (日) 晴

 RNC西日本放送 『杉ノ内由紀のミュージック・さえら』 今日は、日活映画特集。
ギャラリーMONに 携帯を忘れて 館長さんに送って頂いたので お礼を兼ねて 
スタジオに行ってみることにしました。

P1020966.JPG

P1020964.JPG

P1020975.JPG

P1020962.JPG

■ 日活映画の主題歌・挿入歌 裕次郎さん、旭さん、トニーの曲も勿論持っていますが・・・。

 皆さんから どんな曲に リクエストが来ているかわからなくて 放送局にレコードが 無かったらと思い、
日活関係のレコードや、ソノシート、CDの全てと (これで裕ちゃん、旭さん、小百合さん以外の大よその日活映画主題歌に応えられると思いました。)
それから日活俳優さんの映画データーベースをプリントし、日活1954-1971も 持って出かけました。

 映画の主題歌をかけるなら、映画の封切日、監督さんのお名前、ヒロイン、脇の俳優さんのお名前が 話題になると思ったからです。

 中津川さんに 「リクエスト、来ていますか?」 と、お尋ねしたら、裕次郎さんには 『♪嵐を呼ぶ男』
川地民夫さんには 『♪東京港』 高橋英樹さんには 『♪男の紋章』 賢ちゃんマコちゃんの 『♪二人の銀座』 浜田光夫さんの『♪青春ア・ゴーゴー』 吉永小百合さんの曲にリクエストが来ていると云うことでした。
 
 『♪二人の銀座』 『♪青春ア・ゴーゴー』 どちらも和田浩治=日活ヤング&フレッシュの映画です。 

 でも何故か、裕次郎さんは リクエスト曲とは別の 『♪夜の足音』 が、選ばれていました。
 
 「どうして映画の主題歌では無いのすか?」と、尋ねると 「後でわかりますよ・・・」 と。

 この日、川地民夫さんの電話インタビューが 予定されていましたから、裕ちゃんのレコード 『♪夜の足音』のB面に 川地民夫さんの 『♪純愛のブルース』 が、入っていることを お話したかったようです。
そして川地民夫をさんの曲に繋げる予定だったのですね。 

 松本さんが 「『夜の足音』って、何年の曲だった。」と、言うので、急いでとしちゃんに 電話。 
裕次郎さんファンの方に聞いて頂きました。

 和田浩治さんの 『親なしとんび』 高橋英樹さんの 『男の紋章(新男の紋章 度胸一番)』
のレコードが 放送局にあったことも 驚きでした。(四国放送にはありません)

 杉ノ内さんは、放送時間ギリギリに来られましたから、ほんとに慌ただしいですね。
番組が始まって直ぐに 写メールが届き 『南国土佐を後にして』 のポスターから 
徳島の木工会館であったポスター展の話が出て、思わず、うなづいたら こちらに話が来て困りました。
 今回は、見に行ってなくて、コメントのしようが無かったです(笑)。
 
 2、3年前だったかな 閉館された貞光劇場の館主の方が、1週間前まで ポスターや、映写機など。
貞光劇場の貴重な資料を展示されていたのです。
 テレビでも 紹介されていましたが、ペンキ塗りで 行けませんでした。

ペギー葉山さん ♪南国土佐を後にして 1959年
石原裕次郎さん ♪夜の足音 1960年

 川地さんの電話インタビュー(12分)
  印象に残る女優さんは?
 “僕の口からはいえません(笑)”
は、さすが でした。(笑)。

 “映画の中では、いろいろ唄っていますが 『♪純愛のブルース』 は 覚えていません”
これは、意外でした。(手持ちのCDに入っています)

 映画の中では 陽のあたる坂道の 『SEVEV O'CLOCK』 ですね。
 風速40米では 裕ちゃんと 『ソーラン節』 を歌っていました。
 処刑前夜では 『街のサンドイッチマン』
 俺らは流しの人気者では 『嘆きなさんなお嬢さん』 を歌っていました。(手持ちのCDに入っています)

川地民夫さん ♪純愛のブルース 1960年
小林旭さん ♪さすらい 1960年
赤木圭一郎さん ♪無敵が俺を呼んでいる 1960年
和田浩治さん ♪親なしとんび 1960年

 「他にも 宍戸譲さん、高橋英樹さん、二谷英明さん 皆さん歌っていました。」 と、松本さん。

 和田浩治さん以外、皆さんのリクエスト曲は、かかりませんでしたが
裕ちゃんは 7月の特集がありますし、小百合さんのリクエストはまたいつかご要望があれば 
おかけしたいと思いますとの事。

 リクエストされていた方のお名前が読み上げられて、松本さんは 「是非、小林旭特集もお願いします。」と、注文!
 お名前は、出て来きませんでしたが、渡哲也さん、浜田光夫さんもいますね。
 女優さんでは、浅丘ルリ子さん、笹森礼子さん、田代みどりさん、吉永小百合さん、
 和泉雅子さん、松原智恵子さん、梶芽衣子さんの曲がありますね(笑)。

高松イベントⅢ 西尾三枝子さん、 RNC西日本放送の 『ミュージック・さえら』 に出演 [ミュージック・さえら]

2012.5.20 (日) 高松 曇
 
 オフ会終了後、松本さんの車で 西日本放送のスタジオへ。
マトさんは、残念そうに としちゃんと帰って行かれました。

 9時6分を回って、西尾三枝子さんの紹介
 一同 拍手 ( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

2012.5.20.saera1.JPG
 
■ 松本さんと、三枝子さん。 後姿 杉ノ内由紀さん 

 今日の映画イベントの話。三枝子さんの近況。デビューのきっかけ。

 本当の所は 赤木圭一郎特集 第4弾の予定でしたが
三枝子さんが ゲストと 言うことで 三枝子さんの曲をかけて頂ける事になりました。
杉ノ内さん 「スカーレットの花、リクエストも来てるんですよ。」
        「私の手元には 何十通ってメールが来てるんですが、どこへ行っちゃたんでしょう。すみません」

 読まれれるはずのマトさんの 『スカーレットの花』 のFAXが 行方不明に(笑)。
 曲目の変更で それだけスタジオが バタバタしていたと言うことですね(笑)。

 スカーレットの花は デビュー曲。 映画の舞台挨拶で 全国を回った話。
三枝子さん 「ヤング&フレッシュって、バンドがあって 和田浩治さん、山内賢さん、杉山兄弟、木下雅弘さん達は
        この曲を 50回位 聞いて下さいました。」

 思いがけず 和田浩治さんのお名前が聞けて嬉しかった・・・。

  ♪ スカーレットの花

 続いてもう1曲、三枝子さんの曲をかけて頂けることに・・・。
三枝子さん 「日活を辞めたあと 歌手でもやって行かないかと、言われて ちょっとその気になって出したレコードです。」
 ジャケットの三枝子さんを見ながら衣装の話。濃いお化粧の話(笑)。

  ♪ 短い手紙(1971年11月リリース)  
  
  (一)
   私の事を忘れる人に 短い手紙を 書きました。
   雪の積もった白い夜 その日私が 恋したことを
   一日一度は 電話をかけて 心の音を 聞いて欲しい
   愛の言葉は 要らないの これだけは これだけは 忘れないでね
  
  (セリフ)

   あなたへのお願いだけを書きました
   愛と言う言葉は 一つもありません
   最後の涙の跡が 私の愛のかけらなのです。
  
 三枝子さん、上手~い!!!綺麗な声、最高!!!

杉ノ内さん 「女になった今の西尾さんの声で ちょっとこのセリフの部分を」
三枝子さん 「ちょっと女になりすぎちゃった エへへへへ」
杉ノ内さん 「アハハハ じゃあちょっと聴かせて貰ってもいいですか。お願いします。無茶振りですよ。
        無茶ぶりですからね。皆さん、すみません。

三枝子さん 「あなたへのお願いだけを書きました」
松本さん   「プッ!」 
        松本さんが良い所で 吹いてしまう。

三枝子さん 「アハハハハ」
杉ノ内さん  「松本さんテイク2 ちょっと待ってよ。笑ったら駄目 笑ったら駄目 何を笑っているんですか。」 
三枝子さん 「やっぱり 女になりすぎちゃたから 無理ですね。アハハハハ」

 最後まで聞きたかったな・・・。

2012.5.20.saera3.JPG

■ ディレクターの中津川さん レコードのセットから、FAX、メールのプリントまで一人でこなされていました。

 時間が 経つのが早くて、予告していたトニーの曲が かかりそうに無くて
ディレクターさんに 「舟木さんの曲は もういいですよ。」と、話しかけたら
 「大丈夫ですよ。曲がかけらないのは 杉ノ内のせいでもありますから・・・。
  喋りしたくてしょうが無いんでしょうね。3分は 喋りますからね。 ほら3分。」

 今日の映画から 花咲く乙女たちの映画の話 サインはVの話 

 ♪ 花咲く乙女たち

杉ノ内さん 「赤木さん、今からかけます。」
松本さん  「でもだいぶ 線路から離れましたね。」

2012.5.20.saera2.JPG

 『花咲く乙女たち』 の映画監督 柳瀬監督の話からトニーの歌へ
 すでに40分経っていたかな・・・。 

  ♪ 明日なき男 

  ♪ 俺にまかせろ(激流に生きる男の挿入歌)

 三枝子さんが、リクエストされていた方のお名前を紹介。
 全員の方のお名前が読まれました。

 トニー最後の曲は 『野郎泣くねえ!!』 
 「野郎泣くねえ!! の台詞がいいんですよ。」と、松本さん。

  ♪ 野郎泣くねえ!! 

  ♪ 星空の二人

 エンディングの 『星空の二人』 の曲に乗せて お喋りは続きます。 
そして、来週の予告 『日活映画スター特集』 のお知らせが入りました。

 ディレクターさんに 賢ちゃんと、マコちゃんの 『星空の二人』を 選んだ理由を お聞きしたら
 「良くリクエストを頂く曲よりも かかった事の無い曲の方がいいでしょう。」と、言うことでした。
 
         じっと 星を見てるだけで 
         星があなたに 見えてくる

 賢ちゃん  : 好きなのさ
 マコちゃん : 好きなのよ
 二人    : 星空の二人

 私が中学3年の時の新譜です。
 
 杉ノ内さんに 感想を尋ねられて
三枝子さん 「楽しかったです。」
松本さん   「疲れました」

 曲目は 少な目でしたが、とにかく杉ノ内さんと、三枝子さんのお喋りが 面白くて あっと言う間に放送終了の時刻となりました。

2012.5.20.saera.jpg

■ 西尾三枝子さんと、杉ノ内由紀さんと、記念撮影 (松本さん撮影)

 そのあと、三枝子さんの息子さん 悠君のご贔屓の方のお店で打ち上げ。
三枝子さんの為に尾頭付きの鯛が用意されていました。
 「人数分に分けて下さい。」と、三枝子さんが、お願いして下さいまして みんなで ご馳走になりました。

 トップバッターは、貝殻の歌さんの 『初恋』
舟木さんの歌をこんなに上手に歌われる方、初めてでした。
上手いなんてものじゃなくて、もうプロ並み。後で歌った 『絶唱』 も素晴しかった。

 クニさん、松本さん、三枝子さん、徳島の悠座長ファンの方、ひまわりさんと、高得点の連続。
〆は 『高校三年生』 の合唱で盛り上がり、12時過ぎに解散。タクシーで個々のホテルに戻りました。

  貝殻の歌58さん「初恋」「絶唱」
  クニさん 「さざんかの宿」
  松本さん 「遠き昭和の・・・」
  三枝子さん「恋の山手線」 「吾亦紅」

 さすらいさん、としちゃん、マトさんが居れば最高だったのにね。
高松イベントⅣに続きます。
ミュージック・さえら ブログトップ