So-net無料ブログ作成
神社の狛犬 ブログトップ

妙見神社 [神社の狛犬]

9月14日 (土) 晴

 狛犬の写真を撮りに 鳴門の妙見神社まで 出かけてくれました。
妙見山の山頂にある神社です。

 妙見山は、桜の名所ですが、もう何十年も 行っていません。

妙見さん (1).JPG

妙見さん (2).JPG

狛犬 1.jpg

狛犬 2.jpg

■ 狛犬
 狛犬の片方は、木が邪魔をして綺麗に撮れなかったそうです。

妙見さん (3).JPG

■ 岡崎城 (撫養城) の模擬天守
 同じく 妙見山公園内にある模擬天守です。

 以前は、徳島県立鳥居龍蔵記念博物館でしたが、文化の森に移転しましたから
今はどうなっているのでしょう。

妙見神社
所在地 〒772-0016 
     徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿町147
TEL   088-686-2240

西麻植八幡神社 [神社の狛犬]

2013.8.16  (金) 徳島 曇

 川島神社ではなく、西麻植神社に備前焼の狛犬があると聞き、再度、観に行ってみました。
間違いなく、看板に備前焼の狛犬と、書かれています。
ここの神社も 私の所と同じで、普段は人が住んでいないようです。

 階段を上がると・・・
西麻植神社 (1).JPG

西麻植神社 (7).JPG

■ 両部鳥居
 『四脚鳥居とも呼ばれるもので 神仏混淆(こんこう)の思想から八幡神社に建てられました。
この鳥居は、神仏分離令が出された明治元年(1868)以前のもので、ネズミサシの木で造られています。
安芸の厳島神社の鳥居と同様の造りであり、日本でも数少ないものである。』とのことです。

西麻植神社 (2).JPG
 もう一つ階段を上って行くと・・・

西麻植神社 (6).JPG
 備前焼の狛犬がありました。

西麻植神社 (5).JPG

西麻植神社 (4).JPG
 苔がついています。
『陶製の狛犬は、四国に4社あり、徳島ではここだけしかない貴重なものである。
備前焼の本場伊部の膣元森嘉太郎中節の作品で天保5年(1835)に焼かれたものである。
階段下の太鼓橋を下駄で踏むとキャンキャンとなくので昔から鳴き狛犬と言われています。』
と、書かれています。

西麻植神社 (3).JPG

■ 西麻植八幡神社

住所   徳島県吉野川市鴨島町西麻植字檀ノ原157
TEL 0883‐24‐0079

 県内では ここだけとありますが、鳴門市の妙見さんにもあるとのことですので
こちらは近々バイクで見に行って貰おうと思います。

川島神社と川島城 [神社の狛犬]

2013.7.28  (日) 徳島 曇

 88ヶ所参りが早く終わったので 帰りに川島神社に寄って
備前焼の狛犬を撮って帰ることにしました。

前回、内祝いを届けに来た時、帰りに大雨になり、車から降りられなかったのです。

ところが、神社の狛犬、普通の狛犬でした。

川島 (4).jpg

川島 (1).jpg

川島 (3).jpg 川島 (2).jpg

■ 川島神社
住所    徳島県吉野川市川島町川島193
せっかくですから お隣にある川島城の写真も撮って来ました。

川島 (6).JPG

川島 (5).JPG

■ 川島城
住所    徳島県吉野川市川島町川島城山136-1
TEL    0883-25-4666
休館日   月曜(祝日の場合は翌日) 12月30日~1月2日 9:00~17:00
アクセス  JR (徳島線 阿波川島駅から徒歩10分 無料駐車場あり)
神社の狛犬 ブログトップ