So-net無料ブログ作成
日活映画のロケ地を訪ねて ブログトップ
前の10件 | -

渡り鳥シリーズの函館ロケ地 [日活映画のロケ地を訪ねて]

2018.5.26 (土) 北海道函館市 晴

 フェリーを下りて、日没まで 渡り鳥シリーズのロケ地を訪ねます。
真っ先に灯台に行ってみましたが、なんか違うなと。後で、大間違いに気づきました(笑)。
 それで、旧函館区公会堂へ。

2018.5.26 函館2.JPG

2018.5.26 函館1.JPG

 こちらは、観光地ですから、写真OK。 ベランダや、お庭の写真を自由に撮ることができました。
13:10 旧函館区公会堂

2018.5.26 函館ロケ地9.JPG

2018.5.26 函館ロケ地10.JPG

2018.5.26 函館ロケ地6.JPG

2018.5.26 函館ロケ地8.JPG

2018.5.26 函館ロケ地7.JPG

 旧函館区公会堂比較写真 ( ギターを持った渡り鳥 )

2018.5.26 函館ロケ地5.JPG

 護国神社前の道路 ( ギターを持った渡り鳥 )

2018.5.26 函館3.JPG

        2018.5.26 函館.JPG
 護国神社・御朱印 ( ギターを持った渡り鳥 )

2018.5.26 渡り鳥 1.JPG

2018.5.26 渡り鳥 2.JPG

 函館山 ( 渡り鳥北へ帰る )

2018.5.26 函館ロケ地3.JPG

 十字街 ( ギターを持った渡り鳥 )

2018.5.26 函館ロケ地1.JPG

2018.5.26 函館ロケ地2.JPG

 七財橋 ( ギターを持った渡り鳥 )

2018.5.26 函館ロケ地4.JPG

 赤レンガ倉庫 ( ギターを持った渡り鳥 )

2018.5.26 函館4.JPG

 函館駅で、お弁当を買って、七重浜 (夕陽の丘のロケ地) の海岸で お弁当を食べて、夕焼けを待ちました。
でも真っ赤な夕焼けは見られませんでした。 思い通りには行かないものですね(笑)。

旧函館区公会堂
北海道函館市元町11-13
0138-22-1001

函館護国神社
函館市青柳町9-23
0138-23-0950

十字街停留場
北海道函館市末広町

七財橋 ・ 赤レンガ倉庫
北海道函館市豊川町

nice!(0)  コメント(0) 

博多 [日活映画のロケ地を訪ねて]

2018.3.30  (金) 晴

2018.3.30 博多大橋.JPG

■ 日活映画 昭和37年封切 憎いあンちくしょうより
 上、当時の『博多人形店・松月堂』と『博多大橋』 下、現在の『松月堂』と『博多大橋』

ロケ地探訪 『憎いあンちくしょう』

http://koji128.web.fc2.com/roketi/nikui/antikusyo.html

 九州道に入って 大宰府の手前から福岡まで渋滞。
福岡ICで降りるのを諦めようかとも思いましたが、福岡に来ることはもう無いかもと思い。
遅くなるのを覚悟して高速を降りました。

 渋滞の中、キャナルシティーの駐車場に車を止めて、一人で博多大橋を目指しました。
商店街を抜けて、この時間、車より、歩いた方が早い。と、思いました。

 博多大橋の写真が撮れたので、西大橋の写真も撮り、
キャナルシティーが正面に見える那珂川沿いを戻りました。
 
 今日は 金曜日、沢山の夜桜見物の人とすれ違いました。

2018.3.30 博多2.JPG

2018.3.30 博多1.JPG

2018.3.30 博多3.JPG

 キャナルシティーでは、丁度、夕食が終わったところでした。
18時15分、広島に戻ります。

キャナルシティー
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1丁目2
TEL 092-282-2525

nice!(0)  コメント(0) 

友を送る歌 [日活映画のロケ地を訪ねて]

 5月9日に回った 『友を送る歌』 のロケ地比較写真

2017.5.9 ロケ地1.JPG

筑波山・女体山山頂

2017.5.9 ロケ地2.JPG

波山神社傍・旅館江戸家

2017.5.9 ロケ地3.JPG

同、旅館江戸家前


nice!(0)  コメント(0) 

ロケ地めぐり 広島編 [日活映画のロケ地を訪ねて]

2017.5.27 (土) 広島 晴

 ロケ地めぐり、広島編、最終回。
取りこぼしの倉橋島・呉・宇品港などを回る為、夕方6時半に出発。
マツダスタジアム傍のホテルに宿泊して、朝8時半に、待ち合わせ場所の荒神橋北詰に向っていると
廿日市市の舟友さんから「道路が空いていたので、もう着いています。」との電話。

 電話のあった南詰で降ろしてもらったものの、北詰で待つ約束でしたから、北詰に戻り、 
広島駅方面を見ていると、なんと反対方向から来る、友人を見つけました。
広島に8時に着いて 時間まで散歩をしていたそうです。

 お友達の車に乗り込んで、倉橋島に向い、『愛と死の記録』の三叉路の写真を撮ることにしましたが
背景の山が、映画の場面と、合っていない事に気づき、近くの方にお尋ねしたところ
この辺り、一帯埋め立て地だとのお話でした。

2017.5.27 ロケ地めぐり2.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり12.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり1.JPG
 地元の方にお話を伺う友人。

 その後、呉の川原石で 写真を撮り、クレイトンベイホテルで、バイキング。
昼時を過ぎていたので、混みあっていなくて、ゆっくり食事をすることができました。

2017.5.27 ロケ地めぐり10.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり11.JPG

 それから宇品のフェリーターミナルにも行ってみましたが、いろんな建物が邪魔をして
小林旭さんの映画 『太陽、海を染めるとき』 に映る島の重なり具合を確認することも難しかく、
またこちらの海岸一帯も埋め立てられているとのことでした。

2017.5.27 ロケ地めぐり9.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり4.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり13.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり3.JPG
 地元の方に話を伺う友人

 最後に福屋デパート前のお店に入って、福屋デパート前の写真を撮りました。
建物の窓が同じですから、こちらは当時のままのようです。

2017.5.27 ロケ地めぐり6.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり5.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり7.JPG

2017.5.27 ロケ地めぐり8.JPG

■ 福屋デパート前 (昭和36年7月15日封切の『太陽、海を染めるとき』より)

クレイトンベイホテル
〒737-0822 広島県呉市築地町3-3
TEL 0823-26-1111

ロケ地を歩く [日活映画のロケ地を訪ねて]

2016.11.5 (土)東京 晴

俺は銀座の騎兵隊より 日比谷公園

日比谷公園1.JPG

日比谷公園2.JPG

東京は恋するより 日比谷公園の大噴水

噴水3.JPG

噴水4.JPG

 噴水の後ろに日比谷公会堂が見えています。
手前にある階段は映画と同じなのですが、階段の横に二人が立つスペースがなく
映画と、同じ構図で写真を撮ることができませんでした。

 フェンスを作る為に 盛り土をされたとか・・・。
大噴水も水が出ていませんでした。一ヶ月に一度、清掃の為に水が、止められるとか。
今日がその清掃日だったのでしょうか。

噴水1.JPG

噴水2.jpg

東京は恋するより 日比谷公園内の日比谷花壇

日比谷花壇1.JPG

日比谷花壇2.JPG

 日比谷花壇、横の門と、道路。
同じ場所に建て替えられている日比谷花壇。(写真左の建物)

1965年 『高原のお嬢さん』 のロケ地 親湯ホテル・大滝 [日活映画のロケ地を訪ねて]

2015.9.20 (日) 長野  晴

 続いて、親湯(しんゆ)ホテルに行こうと、プール平にある公共の駐車場に車を止めると
そこに大滝入口の看板がありました。

 それなら先に 滝に行こうと、歩き始めたのですが、滝に出なくて
行き止まりの標識に 『親湯ホテル・大滝』 上と、書けています。

 下って来たのに、今度は 上り???  ほんとうに この先に 『大滝』 があるのかしら・・・。
心配になって 歩いている人に 尋てみましたが 皆さん、観光客で???とのこと。

 とにかく上がってみるしかなく、上がって行くと、滝がありました。ホッ!![わーい(嬉しい顔)]
舟友さんから、横谷峡の 『霧降の滝』だと教えられていましたが、やはり、こちらの滝で間違いないようです。

2015.9.20 蓼科 (2).jpg

■ 乙女滝 映画「高原のお嬢さん」より

2015.9.20 蓼科 (1).JPG

2015.9.20 蓼科.JPG

■ 大滝 右側より

2015.9.20 蓼科 (3).jpg

2015.9.20 蓼科 (4).jpg
 
■ 乙女滝 映画 「高原のお嬢さん」より 舟木一夫さんと、和泉雅子さん
 滝の向かい側に行って、写真を撮りたかったのですが、流れが早く、岩を渡るのは諦めました。

 親湯ホテルの裏から行く道があったかも知れませんし、ホテルから下れば、近かったのにと、思いました。

2015.9.20 蓼科 (8).jpg

■ 蓼科親湯(しんゆ)ホテル 上 映画 「高原のお嬢さん」と、下 現在 
 中央の建物が残っているだけで あとは建て変っているようです。

2015.9.20 蓼科 (9).jpg
 水が落ちている高さが、違っているのは、コンクリート部分が埋めたてられて 芝生になったからでしょう。

2015.9.20 蓼科 (10).jpg

■ 親湯ホテルのプール 映画 「高原のお嬢さん」より

2015.9.20 蓼科 (7).JPG

■ プール跡
 プールは、埋めたてられ 現在、芝生になっています。

2015.9.20 蓼科 (6).JPG


蓼科親湯(しんゆ)ホテル&リゾート
〒391-0301 長野県茅野市北山蓼科高原4035 
TEL 0266-67-2020

1965年 『高原のお嬢さん』 のロケ地 蓼科有料道路・蓼科湖 [日活映画のロケ地を訪ねて]

2015.9.20 (日) 長野  晴

2015.9.20 蓼科 (1).jpg

■ 蓼科有料道路 映画「高原のお嬢さん」より

2015.9.20 蓼科.JPG

■ ビーナスライン入口 現在
 茅野市街から、蓼科高原をへて、白樺湖、大門峠までの区間に開設された有料道路 (起点の茅野市本町西から同市湖東花蒔までの約8.5kmの区間。諏訪鉄山鉄道の廃線跡を拡幅・転用したもの)で
現在、無料となり、霧が峰有料道路の区間とあわせて 美ヶ原まで、ビーナスラインと呼ばれているそうです。

 地元の方に 料金所のあった場所を お聞きしたかったのですが、走り出したら、なかなか車を止めてくれなくて
走行中に ビデオカメラで 撮影したビーナスラインの入り口です。

2015.9.20 蓼科 (2).jpg

■ 蓼科湖 上 映画「高原のお嬢さん」より 下 現在
 対岸に、映画のような白樺の木は ありませんでした。
お天気が良くて、風も無く、湖が鏡のように 蓼科山を、映しています。

2015.9.20 蓼科 (5).JPG
 湖を眺めていたらトンボ止まりました。

2015.9.20 蓼科 (4).JPG

2015.9.20 蓼科 (3).jpg
 パノラマ撮影

蓼科湖
長野県茅野市北山

1965年 『高原のお嬢さん』 のロケ地 トヨタたてしな記念館 [日活映画のロケ地を訪ねて]

9月19日(土)長野  晴

 ビーナスラインを走り、蓼科湖からトヨタ蓼科記念館に 向かう予定でしたが
横谷峡に 寄ったので、順路が逆に・・・。
 無藝荘で 頂いた地図を頼りに 渓流釣りの看板を右に見ながら、左折。

 そして 『この道かな。』 と、思う道を また左折。
でも、ガードレールも無い山道で 『こんな所に トヨタ蓼科記念館があるはずがない。道を間違ったのかも・・・。』
「引き返せるうちに 引き返そう。」と、かなり上って来た道を バックして、元の道に戻り、
歩いていた青年に 「地元の方ですか?」 と、声を掛けて お尋ねしたら、間違い無いとのこと。

 それにしても入口に 看板も無いのですね。
貴重な建物とのことですが、一般公開されていない建物だからでしょうか。

 再度、バックした道を 進んだら 映画と同じ建物が目の前に現れて ほっとしました。
工事の車が 出入りされているようで、手前の建物がシートに覆われて見えません。
また工事関係者以外立ち入り禁止の看板が・・・。

2015.9.19 トヨタたてしな館.jpg

■ 日活映画 『 高原のお嬢さん 』と現在 トヨタ蓼科記念館の石垣

2015.9.19 トヨタたてしな館 (1).jpg

2015.9.19 トヨタたてしな館 (2).jpg

■ 日活映画 『 高原のお嬢さん 』と現在 トヨタ蓼科記念館

2015.9.19 トヨタたてしな館 (3).JPG

■ 大きく育った木

2015.9.19 トヨタたてしな館 (7).jpg

■ 日活映画 『 高原のお嬢さん 』 建物の前のスペースから眺めた蓼科湖

2015.9.19 トヨタたてしな館 (4).JPG

■ 現在 建物の下の道路から撮影
 50年の間に 木がとても大きくなっていてビックリ。
また眼下に見えていた蓼科湖も 木々でおおわれて 見えません。

 上に行っても 蓼科湖は 望めなかったと思いますが、工事の方にお願いして、
山内賢さんたちが上がって行かれた建物の前まで 上がらせて貰えば良かった。と、思います。
 背景の山は、見えたかもしれません。

2015.9.19 トヨタたてしな館 (5).JPG

■ トヨタ蓼科記念館
 トヨタ記念館は 1905年に 東京高輪に建てられた 旧渡辺千秋さん(長野県岡谷市出身)の伯爵邸で、
戦後、トヨタが買上げ、1962年に 洋館の部分のみ現在の長野県茅野市北山に移築した建物だそうです。
窓のステンドグラスが 美しいそうですが、良く見えません。

2015.9.19 トヨタたてしな館 (6).JPG

■ ステンドグラス

2015.9.19 トヨタたてしな館 (9).jpg

2015.9.19 トヨタたてしな館 (8).JPG

■ プール平のバス停
 無藝荘の方に「そこのプール平ですけど、もう建物は残っていませんよ。」
と、教えられて、プール平らのバス停を 撮って来ました。
もしかしたら、この建物で良かったのかもしれません。もう少し、山や道路に気を配れば良かったと思います。

横谷峡 乙女滝・霧降の滝 [日活映画のロケ地を訪ねて]

9月19日(土)長野  晴

 今回は、予定変更で、時間のロスが多いですが 仕方がありません。
松本のホテルからビーナスラインを走ることも考えましたが、やはり高速で、諏訪インターから
目的地である 映画『高原のお譲さん』のロケ地、蓼科に出かけることにしました。

 少しでも滝に近そうな駐車場に車を止めて、横谷峡遊歩道の地図にある
木戸口神社から乙女滝に向かいました。

横谷峡遊歩道.jpg

■ 横谷峡遊歩道 蓼科中央高原観光協会様より

2015.9.19 横谷峡.JPG

2015.9.19 横谷峡 (1).JPG

■ 木戸口神社 10:10

2015.9.19 横谷峡 (2).JPG 2015.9.19 横谷峡 (3).JPG

■ 乙女滝
 2分で『乙女滝』に着きましたが、目的は、その先にある『霧降の滝』。
更に進むと、看板に『王滝』まで1時間となっていて、『あれっ霧降りの滝はどこに?
通り過ぎてしまったのかな?』と、思っていると『この先、通行止めの看板が・・・。』
どうしよう・・・横谷温泉さんに聞いてみようか。宿泊客でも無いのに聞き辛いなと、
道路側に回って、業者の方に尋ねたら、フロントまで案内して下さって、
滝に行く方法を教えて下さいました。

 そんな訳で また20分も時間を無駄にして、横谷温泉から滝に行ってみましたが、
どう見ても、映画の滝と、違っています。
こちらの滝だと教えられたのですが・・・。

2015.9.19 横谷峡 (4).JPG

■ 霧降の滝

2015.9.19 横谷峡 (5).jpg

■ 高原のお嬢さんの滝

憎いあンちくしょうのロケ地(尾道) [日活映画のロケ地を訪ねて]

2015.3.28 (土)福山 晴

 8時50分、主人には、駐車場に向かってもらって私は北口が良く見えるホテルの前で待機。
時刻通り、56分に在来線が、58分に新幹線が到着。
二人に手を振って お友達に声をかけて合流。駐車場に向かいました。

 今日は、メインのロケ地めぐりからスタートです。

 昭和37年、石原裕次郎、浅丘ルリ子の『憎いあンちくしょう』
 
 北大作(石原裕次郎)は、映画にテレビにと、マスコミから追いまわされる人気タレント。
マネージャー兼恋人の典子とは、倦怠ぎみ。
 大作が受け持つテレビ番組で「ヒューマニズムを理解できるドライバーを求む。中古車を九州まで連んでもらいたし。
但し無報酬」と言う三行広告が取り上げられ。
文通している無医村の医師(小池朝雄)に 診療用のジープを贈るという井川美子(芦川いづみ)の純愛を
その目で確かめるため、全ての仕事を放棄して飛び出して行く。
 番組を企画した取材班、新聞社。そして、恋人の典子も白いジャガーで、大作のジープを追いかける。
そのシーンが、ここ尾道でも撮影されたのです。

roketi (2).jpg

roketi.jpg

■ 映画 『憎いあンちくしょう』 より 

roketi (1).jpg

■ ガソリンスタンド前 立つ位置が違っていました。
 ルリ子さんが、ガソリンを入れたスタンド、今は駐車場になっています。
駐車スペースが無く気になりながら撮ったので、納得の行く写真が撮れていませんでした。

roketi (3).jpg
 ご近所の方にお話を伺うお友達
 
憎いあンちくしょう (2).jpg

■ 映画のシーンより 料亭旅館 魚信さん 

憎いあンちくしょう (3).jpg
 
憎いあンちくしょう (1).jpg

憎いあンちくしょう (6).JPG
 お隣の方にお話を伺うお友達

 もう一つの撮影場所 『魚信』 も同じく撮り直したいと思います。
ここでは、映画にも登場する当時、映画の中で裕次郎さんが泊まったお向かいの旅館の方が
撮影の合間に撮った裕次郎さん、ルリ子さんの写真を見せて下さいました。

憎いあンちくしょう (5).JPG

憎いあンちくしょう (4).JPG

■ スナップ写真
 
元ガソリンスタンド
国道2号線 広島県尾道市東久保町
浄土寺の側

料亭旅館 魚信
〒722-0045 広島県尾道市久保2丁目27番6号
TEL 0848-37-4175

前の10件 | - 日活映画のロケ地を訪ねて ブログトップ