So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
舟木一夫さんのこと ブログトップ
前の10件 | -

通し狂言 『忠臣蔵』 花の巻・雪の巻 観劇 [舟木一夫さんのこと]

2017.12.2 (土)晴

        2017.12.2 新橋演舞場1.JPG
 舟友さんをホテルまで案内して、荷物を預けて劇場に出かけたら
劇場前は、開場を待つ沢山の人で、舟木さんの看板を撮ることができませんでした。 

2017.12.2 新橋演舞場2.JPG

2017.12.2 新橋演舞場3.JPG

 後日、さすらいさんに頂いた劇場前のお写真

2017.12.2 新橋演舞場6.JPG

 「開演まで15分」と、言いながらお弁当を食べました。舟友さんは、朝食が5時でしたものね。

 12月公演が 『忠臣蔵』 だと、お聞きした時、12月にふさわしい演目だと、思いましたが
正直な所、「今更、忠臣蔵?」って、感じでした。
でも、『初日を後援会員の貸切り日にしたい』 と言う、舟木さんの熱意に、会員7名で申し込みました。

昼の部 【花の巻】
 舞台は、祇園 『一力』 での放蕩三昧から始まり、回想の形で、赤穂の浜で、子供のように
はしゃぐ 浅野内匠頭(尾上松也さん)と、瑤泉院(長谷川かずきさん)の姿があり。
 二人の様子を不安げに見つめる内蔵助の姿に、これから起きるお芝居の展開を熟知しているだけに
早くもウルっとさせる場面でした。

2017.12.2 新橋演舞場5.JPG

2017.12.2 新橋演舞場4.JPG

 そして「松の廊下」「赤穂城明け渡し」 妻りく(紺野美沙子さん)と子との「山科の別れ」。 
場面は、再び一力 「花の宴」 となり。
戯れる内蔵助の姿の中に、苦しみを察する浮橋(葉山葉子さん)。 昼の部から涙でした。

 そんな中、堀部弥兵衛(曽我廼家文童さん)が、笑わせて下さいました。

夜の部 【雪の巻】
 箱根の関 「東下り」 から始まります。宿に本物の立花左近(林啓二さん)が現われ、息を飲むような場面。
 吉良邸では、本所松坂町に移された事をぼやく吉良上野介(林与一さん)。
 古道具屋 「絵図面」 では、岡野金右衛門(丹羽貞仁さん)の見せ場ですね。
そして、浪士との「再会・決断」。 
 南部坂浅野家では、瑤泉院(長谷川かずきさん)と、戸田の局(長谷川稀世さん)に
本心を告げられないまま別れる内蔵助。
 吉良邸 「討ち入り」 では、実の父のもとに駈けつけようとする上杉綱憲(田村亮さん)を
阻止する千坂兵部(里見浩太朗さん)。
どの場面にも、人を思う心が溢れていて、涙がこぼれました。

 本懐を遂げ、勝どきを上げて引き揚げる四十七士の姿で幕になると思ったのですが
細川家 「最後の日」 として、亡き浅野内匠頭の面影に 「これで良かったのか」 と問い。
切腹の場所へと向かう内蔵助の場面で幕となりました。

 ふと、学生時代に読んだ 芥川龍之介の小節 『或日の大石内蔵助』 を思い出しました。

 本懐を遂げる内蔵助ですが、細川家の預かりの身となり、公儀のご沙汰が降りるのを待つ内蔵助は
江戸中で、仇討ちじみた事が流行っていることを耳にする。また脱落していった者への世間の風当たりや、
放蕩のすべてを、彼の忠義の手段として賞賛されることに 不快を感じる内蔵助が描かれていました。

 今回の舞台にも、常に苦悩する大石内蔵助の姿が描かれていて、脚本の素晴らしさ、演出のこまやかさ。
そして、いずれ劣らぬ豪華キャスト。舟木さんの立ち居振る舞い。台詞が、ほんとに素晴しい舞台でした。

nice!(0)  コメント(0) 

中野ファイナル [舟木一夫さんのこと]

2017.11.5 (日) 東京 晴

 『ー風アダルトに―』 のコンサートは、中止になりましたが、
ファイナルが一日、空けてのコンサートでしたから、新潟の帰りに聴くことができました。

 今年のバージョンの曲を減らすことなく 浅草公会堂で 唄われたと言う
17分の組曲 『日本の四季』 を 唄ってくださったのには 驚きでした。

 今年は 聴きたいと思っていた曲が ふれコンや、ラブコンで聴けましたし
来年、ファイナルのDVDが発売されるとか。ほんとに嬉しいです。

 サインボールには、最後まで 縁がありませんでしたが、
舟友さんが、ハートを5枚も 拾ってくれました。

 7列目に居て、取れそうなんですが、取ろうとするとスーと流れてしまって
私は、1枚も 取ることが出来ませんでしたから・・・。

2017.11.5 中野サンプラザ4.JPG

 会場のお花

2017.11.5 中野サンプラザ3.JPG 2017.11.5 中野サンプラザ2.JPG


2017.11.5 中野サンプラザ1.JPG

 解体されると、お聞きしていた会場の中野サンプラザですが
オリンピックが終わるまで 残して頂けるそうです。
まだ3回はこの会場で、ファイナルが聴けますね。

中野サンプラザ
東京都中野区中野4-1-1
TEL 03-3388-1177

nice!(0)  コメント(0) 

舟木一夫さんのデビュー記念日に [舟木一夫さんのこと]

2017.6.5 (月)

 舟友さんから、「後援会から記念品が届いた。」と、お聞きしていたので
チャイムの音を気にしながら待っていたら、届きました。

 イニシャル入りの小銭入れと、55周年の記念カードと、写真です。
いつも大事に とっているので、今回は使おうかな。

2017.6.5 デビュー記念日.JPG





nice!(0)  コメント(0) 

“1996年 舟木一夫の福島 歌の里の秋 ー福島県 猪苗代町~小野町ー” [舟木一夫さんのこと]

2017.5.10 (水) 福島 曇
2017.5.11 (木) 福島 曇り時々雨

 1996年11月10日放送の『遠くへ行きたい』
“舟木一夫の福島 歌の里の秋 ー福島県 猪苗代町~小野町ー”

2017.5.11 遠くへ行きたい18.JPG

2017.5.11 遠くへ行きたい1.JPG

■ 猪苗代湖と磐梯山

 前日に 筑波山に行くことができたので、空いた時間を利用して 
小野新町、猪苗代湖を訪ねてみました。

 20年前ですから、木が成長した以外、変わっていないのですが
東堂山満福寺は、ご住職様が住まわれている様子もなく、寂しいお寺でした。

2017.5.11 遠くへ行きたい2.jpg

■ 緑の村 (旧翁島駅舎) 『そば処』になっているのかな。

2017.5.11 遠くへ行きたい4.jpg

■ 緑の村 高原列車

2017.5.11 遠くへ行きたい5.JPG

■ 緑の村 高原列車

2017.5.11 遠くへ行きたい6.JPG

2017.5.11 遠くへ行きたい7.JPG

2017.5.11 遠くへ行きたい8.JPG

■ 天鏡台
 猪苗代湖が眺められるスポット
桜が、残っている木がありました。 満開の時はいっそう、素敵でしょうね。

2017.5.11 遠くへ行きたい17.JPG

2017.5.11 遠くへ行きたい10.jpg

■ 東堂山満福寺 鐘楼

2017.5.11 遠くへ行きたい11.jpg

■ 東堂山満福寺 観音堂

2017.5.11 遠くへ行きたい12.jpg

■ 東堂山満福寺 羅漢像

2017.5.11 遠くへ行きたい9.JPG

■ 小野新町駅

2017.5.11 遠くへ行きたい13.JPG

■ あぶくま洞

2017.5.11 遠くへ行きたい14.jpg

2017.5.11 遠くへ行きたい15.JPG

■ ふるさと文化の館

2017.5.11 遠くへ行きたい16.JPG

■ 高校三年生歌碑
 昨年12月に建てられたこちらの歌碑は、『高校三年生』 の歌が流れます。

緑の村
〒969-3283  福島県耶麻郡猪苗代町東中丸3447-4
TEL 0242-72-1135   カワセミ水族館傍

天鏡台
福島県耶麻郡猪苗代町字天鏡台

東堂山満福寺 
福島県田村郡小野町小戸神日向128

小野新町駅
〒963-3402 福島県田村郡小野町大字谷津作字平館

ふるさと文化の館 (丘灯至夫記念館 高校三年生の歌碑)
〒963-3401 福島県田村郡小野町大字小野新町字中通2
TEL 0247-72-2120
午前9時30分~午後6時30 休館日 毎週月曜日
美術館・郷土史料館は、入館午後5時、閉館午後5時30分

入り待ち [舟木一夫さんのこと]

2016.12.12 (月)  晴

 7時半 列の後ろに並びました。
 
2016.12.12 入り待ち 1.JPG

2016.12.12 入り待ち 2.JPG

 8時17分、舟木さんを乗せた車が見えました。
車が到着すると、途端に皆さんが、前に詰めかけたので 舟木さんが見えません。

2016.12.12 入り待ち 3.JPG

 並んでいる時 「公園のコンクリートの上に乗ってもいいんちゃう。」って
言っていた話を思い出して 『采女橋公園』 のコンクリートの上に乗ってみました。

2016.12.12 入り待ち 4.JPG

 お顔だけですが見えました(笑)。
毎日、お写真を撮られている方のご苦労が良くわかりました。

2016 入り待ちと、開演前の岡山市民会館  [舟木一夫さんのこと]

2016.10.13  (木) 岡山 晴

 8時半に 家を出て 11時、岡山の城下地下駐車場に到着。
昨年と、同じ10月13日の岡山公演です。

 『楽屋入りの写真を撮りたい。』 と思い。話をしていたら
「ここから撮ればいいですよ。」と、場所を譲って下さった方がいて 二人の間からカメラを構えて待ちました。

 11時48分、舟木さんを乗せたタクシーが到着。
舟木さんは 一度もこちらを向いてくださらなくて、会館の向かいの道路の人を見ていらっしゃいました。

2016.10.13 岡山1.jpg

 そして 会館に入られる時に チラッと、こちらを向いて下さったのですが
前の人の陰になって 正面のお顔は 撮れませんでした。

2016.10.13 岡山2.jpg

2016.10.13 岡山3.jpg

 最初で 最後の入り待ち写真ですが、素敵な舟木さんの横顔が撮れて嬉しかったです。

2016.10.13 岡山4.JPG

 開演前の岡山市民会館。

 13時39分、ホテルエクセルから としちゃんと歩きましたが、久しぶりに付けた義足が合わなくて
「歩けない。横断歩道の先の階段を使えない。」 と、言うので、右側の楽屋口前の道路を渡らせて頂いて
会場に入りました。

 「来るのを止めよう」 と、思ったとの事ですが、お会いできて良かったです。

2016 ラブリーコンサート NO.28 [舟木一夫さんのこと]

2016.5.1 (日) 晴

2016.5.1 ラブコン (1).jpg  2016.5.1 ラブコン (2).jpg

  テーマ ―海景色
 <オープニング>
   ♪ 夏の日の想い出
   ♪ 月とヨットと遠い人
   ♪ 遠くへ行きたい
   ♪ 誰もいない海
   ♪ 或る手紙
   ♪ ふっと木枯し
   ♪ みかんの花咲く丘
   ♪ 浜辺の歌
   ♪ 波浮の港
   ♪ 出船
   ♪ さくら貝の歌
   ♪ 春哀し
   ♪ 都井岬旅情
   ♪ 渚のお嬢さん。  

 <スタンディング>
   ♪ 真っ赤な太陽
   ♪ 恋の季節

   ♪ 喜びも悲しみも幾歳月
   ♪ 知床旅情
   ♪ 宗谷岬

 <アンコール>
   ♪ 岬めぐり

 どの曲も 風景が浮かんで来る素晴らしい歌ばかりでした。
また映画のシーンが、浮かんで来る歌も・・・。ほんとに良いですね。
 『波浮の港』 の吉永小百合さん、浜田光夫さん、和田浩治さん。 
 
波浮の港1.JPG

波浮の港2.jpg

 軽快な曲なのですが 『♪ 渚のお嬢さん』 では 『東京は恋する』 の ワンシーン。
和田浩治さんと、山本陽子さんが、海岸を走るシーンが思い出されました。

toukyouhakoisuru.jpg
渚のお嬢さん (1).JPG

渚のお嬢さん (2).JPG

渚のお嬢さん (3).JPG

 舟木さんの声量も衰えることなく 『75歳まで行けるかな』 って、お話されたことがとても嬉しかったです。

2016 舟木一夫特集のCM [舟木一夫さんのこと]

2016.1.20 (水)  

  『舟木一夫コンサート2015 in 中野サンプラザ』のCMを見かけました。
1月23日(土)18:00からBSスカパーにて 無料放送。

BSスカパー (1).jpg  BSスカパー (2).jpg

BSスカパー (3).JPG

BSスカパー (4).JPG

NECOでは、来月ですね。
チャンネルNECOの放送日

★ 舟木一夫コンサート2015 in 中野サンプラザ

   2月15日 21:00~
   2月27日 15:00~
   2月28日 09:25~

★ 夢のハワイで盆踊り

   2月07日 11:20~
   2月15日 16:20~
   2月27日 13:15~
   2月29日 07:50~

BSスカパー (5).JPG

BSスカパー (6).JPG

引き続き 3月は 『一心太助 江戸っ子祭り 』です。

中野サンプラザ [舟木一夫さんのこと]

2015.11.8 (日) 雨

 15時6分 中野駅に着きました。
時間つぶしの為に商店街を歩いて喫茶店へ。5時半まで長いです。

2015.11.8 中野.JPG

■ 中野駅北口 15:09

2015.11.8 中野 (5).JPG

■ 中野サンモール商店街 15:09

2015.11.8 中野 (1).JPG

 喫茶店は、4時過ぎにお客様でいっぱいになりました。
昼の部のコンサートが終わったようですね。
しばらく 座っていましたが 「大変、早く会場に行かないと暗くなってしまう。」と、
お店を飛び出して 写真を撮りました。

2015.11.8 中野 (6).JPG

■ 中野サンモール商店街 16:25

2015.11.8 中野 (2).JPG

2015.11.8 中野 (3).JPG

■ 中野サンプラザ 16:29

2015.11.8 中野 (8).JPG

■ チケット
 初めての中野サンプラザ。念願のファイナルコンサートです。

12月ですと、イルミネーションが とても綺麗なんだそうです。

 すでに舟友さんからお聞きしていましたが、来年BSスカパー!とチャンネルNECOで
コンサートの模様が放送されるそうです。
 そのチラシです。
毎年、放送して下さるといいですね。チャンネルNECOさん、宜しくお願いします。
                    
2015.11.8 中野 (7).jpg
 神戸、岡山と、同じ曲を歌われるものと思っていましたが、違っていて
私のフェイバリットソング ♪北国の旅情のイントロが流れて来た時は 嬉しかったです。
中学三年の時、初めて観に行った日活映画で、ドキドキしながら観たこと。

 四国放送ラジオの『「岡本和夫のええDAYだあ」のフェイバリットソングのコーナー』 に、お便りをしていて 
本番中の岡本アナから、いきなり電話がかかり。ビックリして 何も話せなかったことも・・・(笑)。

歌詞も曲も大好き!!
舟木さんが乗った列車を追いかける賢ちゃんと、十朱幸代さんのラストシーンが甦ります。

そしてスタンディング。サインボールは、側をかすめることもありませんでした。

『あ~あ』と、思っていたら白いハートの形をしたメッセージカードが紙飛行機のように会場を舞って。
隣にいた友達が 「ちょっとのいてみ」って、前まで行って 1枚取って来て下さいました。
いろんなことがあり、落ち込んでいましたが、舟木さんから、幸せのお裾分けを戴いたみたい。

 ♪ 春はまた君を彩る を歌い終えた舟木さんに、ハートを上にかかげて手を振りました。今年一番の幸せ!!

2015.11.8 中野 (4).JPG

中野サンプラザ
東京都中野区中野4-1-1

島倉千代子三回忌 貴重映像で綴る歌人生 [舟木一夫さんのこと]

2015.11.5 (木)

 BS朝日で 『島倉千代子三回忌 貴重映像で綴る歌人生』 の放送がありました。

島倉千代子1.JPG

島倉千代子2.JPG

島倉千代子3.JPG
 舟木さん出演との連絡を頂いて
思いがけず、島倉千代子さんの 『♪慕情はかなく』 を お聴きすることができました。
舟木一夫さんが ペンネーム高峰雄作で作詞、市川昭介さんが作曲したとても素敵な歌です。

島倉千代子4.JPG

島倉千代子5.JPG

島倉千代子6.JPG

島倉千代子7.JPG

島倉千代子8.JPG
            ♪ 慕情はかなく 
島倉千代子9.JPG
 島倉千代子さんの歌は、小さい頃からずっと耳にしていましたし、
♪この世の花は、43年前、会社の忘年会で 先輩が、唄って下さった思い出の歌でもあります。
放送を聴きながら、舟木さんには、是非、ふれんどコンサートで 島倉千代子さんの歌を唄って頂きたいな。
と、思ってしまいました。
そして 『♪慕情はかなく』 を もう一度、舟木さんの声で、聴かせて頂けたらと思います。

前の10件 | - 舟木一夫さんのこと ブログトップ